So-net無料ブログ作成
検索選択
放送大学 ブログトップ

韓国の踊りの練習 [放送大学]

10/3(日)に、放送大学世田谷学習センターの学園祭(下馬祭)があって、
それに向けて、歌や踊りの練習をしております。

といっても、毎週足しげく練習に通うのではなく、
基本的に月1回、9月は直前なので2回。
回数が無いので、なかなか大変です。

26日は最後の練習日で、韓服を試着して、踊りの練習をしました。

詳細  http://ongakujisyuzemi.blog.so-net.ne.jp/2010-09-29

チマチョゴリは各々持参だけど、パジチョゴリは、なんと 先生から頂いてしまいました[ぴかぴか(新しい)]
踊り用の衣装だそうだけど、とても作りがしっかりしていて、
チョッキ(日本語でもおなじみの名詞だけど実は韓国語なんですよ~)には、
外にも内にもポケットがあって、生地もしっかりしていて、色合いもよく、
すごく良いものを頂きました。

韓国の踊り、韓国は陰陽が元になっているため、片方の手が上向きだと、
もう片方は下向きだったり、右手を広げると体は左を向き、右手を内側にすると
体は右を向いてすぼまる感じにする。
次々の動作に流れがある。
24式簡化太極拳に似た様な動きがある。
「東洋」な感じがする。


<韓国の童謡>
下馬祭では歌わないことになったけど、面白い歌を今回も掲載。

かえるの歌

ケグリガハンマリ                かえるが一匹
ノレハゴイッソヨ                 歌っています
ケグル ケグル ケグル ケグル       ケロ、ケロ、ケロ、ケロ、
ケグルケグルケグルケグル チェミイッソ   ケロケロケロケロ 面白い


2010-09-29 23:15  nice!(0)  コメント(3) 

放送大学面接授業「韓国語学総論」 [放送大学]

昨日今日と続いた放送大学の面接授業(スクーリング)。

前回の「漢方薬と東洋思想」「韓国伝来童話を読む」に続き、
今回は韓国語学総論」を受講。

実は数日前に、講師変更のお知らせが届いていた。
なんと!散々苦労した「韓国伝来童話を読む」の先生に変更になったそうな。
大変な思いをしたので、今回は大丈夫かとちょっと不安がよぎったけど、
結果としてはなんら問題もなく、面白く受講してきました。

「韓国語」を教えてくれる所や機会は多いけど、
「韓国語学」を教えてくれる所や機会はなかなか無い。

学んできた内容は。

ハングルの制定と歴史。
・今は使われなくなった昔のハングル。
・ハングルの構造(子音・母音の関係等)。
・韓国語の文の構造。
・方言。

など。

今は使われなくなった昔のハングル(ヽ ・ : △ ○ など)は
見かける事はあっても読み方が知らなかったので面白かった。

方言に関しても、先日行った「海印寺(大邱からバスで1時間程の山奥)」で、
現地の人たちが訛りが凄くて何言ってるのかサッパリわからなかったという
経験をしたので、興味深く聴講できました。

さて、そろそろ下半期の科目登録。
韓国とか中国とか日本とか、東洋系に興味があるので、
今度もそっち方面の科目を申請してみようかな~。


2010-08-05 22:06  nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

韓国伝来童話を読む・2日目 [放送大学]

苦しめられていた韓国伝来童話を読む」の授業が昨日終わった。

別に構わないとはいえ、当てられたときに訳せないのもいやなので、
土曜の夜は2時過ぎまで頑張って半分まで単語を調べたけど、
2時過ぎたらもう、バカバカしくなってしまって、寝てしまった。

単語を調べられた部分は安心してられたけど、
調べてないところは授業中や休み時間に必死に訳したけど、
15時を過ぎたらさすがに疲れてきて、

「もぉ、いいや[たらーっ(汗)]



「単語を調べてないのでわかりません」

と回答をパス。まあ、大丈夫だったけど、なんかなあ・・・。

まさに、童話を「読む」。語学系の授業だけに、語学的な内容だった。
伝来童話をネタに、文化とか歴史とかいろいろ解説があるのかと思ったら、殆どなかった。
でも、「馬鹿オンダルとピョンガン姫」の話をネタに、高句麗、百済、新羅の話を聞くことが出来た。
百済と新羅は仲が悪く、未だに仲が悪いというのは聞いた事あるけど、両方を繋ぐ高速道路がなくて、
海沿いに出て5時間かけて迂回しないとならないとか(今は高速道路作ってるらしい)、
講師の先生の親の代では、子供同士が結婚するのもイヤがったとか、
とにかく仲がよくないんだそうだ。根強いなあ。

日曜日にやった童話は
「親孝行シムチョン」パンソリの題材のひとつ。
「馬鹿オンダルとピョンガン姫」高句麗の将軍の話。
「三年峠」最後にオチがある、落語みたいな話。
の3つ。

土曜日の「檀君神話」「恩返しをするカササギ」「コンジ・パッチ」も含めて、
「馬鹿オンダルとピョンガン姫」が一番ヨカッタな。

高句麗の将軍の話。すごく貧乏で馬鹿でからかわれてた少年が、
ピョンカン姫と結婚して一念発起して、武術の腕を磨き、
王様に認められて将軍になるんだが・・・。

高句麗ドラマをいろいろ見てるので、画面が目に浮かぶんだよなあ。
最後は悲しいんだけど。
詳細は「馬鹿オンダル」「バカオンダル」「パボオンダル」などで検索すると出てきます。


2010-04-26 18:13  nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

韓国伝来童話を読む [放送大学]

放送大学面接授業韓国伝来童話を読む」。
1日目終了。

シラバスには
伝来童話にはその民族の生活、考え方が反映されています。
そういう童話に見られる歴史的背景や生活を通してこれまでは違う新しい韓国、
新しい韓国語が発見できると思います。



とあるので、童話をネタに、いろんな歴史や文化等の講義を聴けるのかと思ったんだが、
実際は、当日(今日)配られた、伝来童話数話のレジメ、
それを並んでいる席順に一人ずつ読んで訳していくもの。
席順といっても、どの列を当てられるかわかんないので、いつ順番が周ってくるかわかんない。

当日配布だから、予習もしてないのに、その場で訳す!
なんて、とんでもなく大変だ[あせあせ(飛び散る汗)]
講義中にわからない単語を調べるので精一杯で、
文法や発音等の説明もじっくり聞いていられない。

ハングル検定4級レベルを目安にしてるって言ってたので、
文法はだいたい分かるんだけど、とにかく単語がわからん!

でもって、σ(^-^;が期待していた、歴史や文化の講義は
内容にちょっとコメントする程度で、殆どない!

順番が周ってこないか?!まわってきた時に訳せるように!
と、授業中は必死に単語を調べて、授業中ずっとビクビクだった[たらーっ(汗)]

明日もビクビクするのはイヤなので、
今日は残りの童話のわからない単語調べに励みます。

今日やった童話。
壇君神話
(熊とか虎とか、ファヌンとか神檀樹とか、太王四神記でおなじみのモノや登場人物が出てきた)
恩返しをするカササギ
コンジ・パッチ(韓国版シンデレラ)の3つ。
予習もしてないので、大変だった。

※あ、yu-nagi.netのDNSの書き換えが反映されたようです。
http://piscis.sakura.ne.jp/piscis/


2010-04-24 19:12  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

放送大学 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。